SEO

【無料ツール】ブログ解析なくして勝機なし!アナリティクス導入手順

2020年4月9日

アナリティクスを導入

Papataro

ブログ運営を始めて、いかに自サイトにユーザーに訪問してもらうか、いわゆる集客がとても大切ですよね。

そのためにはブログの緻密な解析が必要です。その解析を行えるようにGoogleが無償でアクセス解析サービスを提供してくれています。

これから紹介するGoogle Analytics極めて正確で、サイトを運営していくあたり貴重な解析データを無償で収集できるとても優秀なサービスです。

 Analytics解析データ例

  • リアルタイムにどのくらいのユーザーが訪問してくれているか
  • どのサイトから自分のブログに来たのか。
  • どのページが人気なのか
  • 訪問しているユーザーはどんな属性か
  • ブログ内でのユーザーの動きを把握

このような解析データが収集可能になります。

解析データを根拠に仮設を立て記事をリライトし、改善と修正の対策を行うことは必須

ブログ解析なくして勝機なし!

この記事ではGoogle Analyticsの導入手順と、解析画面での最低限知っておくべき用語の意味を紹介します。

 

WordPressでのブログ開設がまだ済んでいない”という方はこちらの記事でを解説していますので、こちらからどうぞ!

ブログ始める
ブログstart it up!
初心者でもわかる。最短稼ぐブログ開設の方法【画像付き超分かりやすく説明】

こんにちはパパたろです。 今回はブログ開設の手順を誰にでも簡単にわかりやすく、そして最短で設定が完了できるように、私の実体験をもとにお伝えします。 本記事ではブログの開設から、初期設定、Googleサ ...

続きを見る

 

解析サービスGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)導入手順

アナリティクスの導入しよう

それでは導入手順です。まずGoogle Analyticsに登録作業を行います。

» Google マーケティングプラットフォーム へアクセスします。

Google Analyticsに登録する

Google マーケティングトップ画面無料登録をクリックする

無料で利用するをクリックします。

Googleにログインしてください。

Googleアカウントを既に持っている方はGoogleにログインをしてください。

Googleアカウントをお落ちでない方は、Analyticsの利用はGoogleアカウントは必須のためアカウント作成より作成しログイン行います。

測定を開始をクリック

測定開始ボタンをクリックします。

アカウント作成欄に入力します。

アカウント名を入力します。アカウント名はなんでも大丈夫。分かりやすい自身のサイト名などを入れておくと良いです。

チェック項目はそのままでOK。入力後画面下の次へボタンをクリックします。

測定の対象ウェブをクリック

測定の対象はウェブを選択します。次へをクリック

各項目①〜④の入力を行います。
  1. ご自分のウェブサイトの名前を入力
  2. まずドロップダウンで、https://に変更してください。その後ご自分ウェブサイトのURLを入力します。
  3. ご自身の運営するウェブサイトの内容に近いものを選択。
  4. ドロップダウンメニューで「日本」を選択します。

入力完了後作成ボタンをクリックします。

注意ポイント

もしhttp://→https://に変更されていない方は、まずその設定をされて進めることをおすすめします。上記②番はその設定完了済みのものとして記載しています。

利用規約確認ボックスをチェック

各利用規約を確認し、2つのチェックボックスにチェックを入れ同意するボタンをクリックします。

トラッキングIDとコード取得画面

Google Analytics登録が完了トラッキングIDとコードが取得できました。トラッキングIDUA-●●●●●●●●-●このように表示されていると思います。

ポイント

この UA-●●●●●●●●-● 全てがトラッキングIDです

トラッキングコードは画像下部分のコードです。これは一部のテーマ内設定(例:JIN)、もしくはテーマエディターにて、header.phpを編集し設置する場合に使用します。

この取得したトラッキングIDはこれから使用し設定を進めていきますので、画面を残すかトラッキングIDをコピーしておいてください。

取得したトラッキングID、コード設置方法は3種類

取得したトラッキングIDもしくはコードをサイトに設置する手順です。方法が3つ程あります。

  • WordPressテーマの設定内でトラッキングIDを設置する。
  • プラグインを利用しトラッキングIDを設置する。
  • テーマエディターheader.phpの</head>の直前にトラッキングコードを貼り付ける

現在のWordPressテーマでは、ほぼテーマ内の設定の中でトラッキングIDの設置が可能なため、最も手軽なテーマ内でトラッキングIDの設置をおすすめします。

ポイント

トラッキングIDで設置完了した場合トラッキングコードは使用しません

WordPress テーマ内の設定でトラッキングIDを設置する方法。(テーマ別)

ここでは当サイトで使用しているAFFINGERでの設定を例に詳しく画像で説明していきます。

他の人気テーマもトラッキングの設置の手順テーマ別に説明していきます。

 AFFINGERの場合

AFFINGER5設定を選択

管理画面から » AFFINGER管理を選択します。

AFFINGERテーマ設定内トラッキングID入力欄

AFFINGER管理内Google連携/広告を選択。

先程取得したトラッキングコードUA-以下 ●●●●●●●●-● の部分をすべてコピーし上記画像枠内に貼り付けます。

補足

取得したトラッキングIDがわからなくなった場合Google Analyticsのサイト内管理 » プロパティ設定をクリックすると、ご自身のトラッキングIDが表示されます。

忘れずにsaveボタンをクリック

注意

枠内に貼り付けたらAFFINGER設定内左下saveボタンを忘れずにクリックし反映させます。

 

THORの場合 
外観 » カスタマイズ » 設定[THE] » アクセス解析設定 ここにトラッキングIDを入力するテキストボックスが出現します。設置しましたら、公開ボタンを忘れずにクリックしましょう。
Diverの場合
Diverオプション » 基本設定 » 下へスクロール » Google Analytics設定 »テキストボックスにトラッキングIDを設置。設置しましたら、変更を保存ボタンのクリックを忘れずに!
SANGOの場合
外観 » カスタマイズ » 詳細設定 » Google AnalyticsのテキストボックスにトラッキングIDを設置 » アクセス解析にgtag.jsを使うのチェックボックスにチェックを入れ公開ボタンのクリックを忘れずに!
STORKの場合
外観 » カスタマイズ » アクセス解析コード »  Google AnalyticsテキストボックスにトラッキングIDを設置公開ボタンクリックを忘れずに!
Cocoonの場合
Cocoon設定 » アクセス解析タブ » Google Analytics設定内のテキストボックスにトラッキングIDを設置する。変更をまとめて保存ボタンのクリックを忘れずに!
JINの場合
注)JINトラッキングコードを使用します。
HTMLタグ設定 » [head内]のテキストボックスにトラッキングコードを貼り付ける。変更を保存ボタンをクリック!

WordPressテーマ別に以上のように設定を行えばAnalyticsのトラッキングコードの設置は完了です。

プラグインを使用してトラッキングID設置する方法

上記テーマ以外や、ご自身のテーマ設定内にもしトラッキングIDやコードを設置する場所がない場合WordPressプラグインを利用することで設置を行えます。

使用するプラグインはAll in One SEO Packを利用します。

All in One SEO Packでの設置の流れ

  1. WordPress管理画面からプラグイン » 新規追加をクリック。
  2. 右側にあるキーワード入力欄にAll in One SEO Packと入力
  3. All in One SEO Pack今すぐインストールを行いプラグインの有効化します。
  4. WordPress管理画面All in One SEO Pack » 一般設定をクリック
  5. 一般設定内のGoogle設定 » Google Analytics設定テキスト入力欄に設置
  6. ファイルを更新ボタンをクリックし完了。

以上で設定完了です。

テーマエディターを編集して設置する方法。

WordPressテーマエディターのheader.phpを編集して設置する方法です。

この方法は、テーマ設定内に設置する場所がなくプラグインを利用されたくない方向けです。

編集を行う際は、コードを扱うため必ずバックアップを取ってから行うようにしましょう。

header.phpを編集して設置する流れ

  1. WordPress管理画面から外観  » テーマエディターを選択
  2. 右側にあるheader.phpを選択する。
  3. <head>〜</head>の要素内にトラッキングコード全てIDではありません)貼り付け。</head>の直前に貼り付けます。
  4. ファイルを更新ボタンをクリックし完了。

ポイント

<head>〜</head>の要素内に貼り付け作業を行う際、ページ内文字検索のショートカットを使うと便利です。Macであれば (command+F)  Winであれば (ctrl+F)  このショートカットを使えば</head>の位置がすぐわかります。

以上で設定が完了しました。

上記3つの方法のいずれかの方法で設置を行ってくださいね。

設定が反映されているかAnalyticsを確認する。

設定が完了したら、Analyticsにきちんと反映されているか確認してみます。

まずGoogle Analyticsの管理画面へ行き、スマホで自サイトにアクセスをしたあと、リアルタイムの表示を見てみてください

アナリティクスリアルタイム表示

上記のように自分の訪問が反映されていれば完了しています。

Analytics最低限知っておくべき用語

これからAnalyticsを使用し解析データをみて行く上で最低限知っておくべき用語を解説します。

用語 意味
ユーザー サイトに訪れた人数
セッション ユーザーがサイトに来た回数(訪問回数)
平均セッション時間 ユーザーのサイト滞在時間の平均
直帰率 ユーザーがサイトを1ページで離脱した割合。
ページビュー 読まれたページ数
ページ/セッション 1セッションあたりに閲覧されたページビューの平均。
コンバージョン 目標(設定する必要あり)に対しての成果率
チャネル サイトに訪れるまでの経緯
Organic Search 検索エンジンからのアクセス
Direct 参照元のないアクセス(例:ブックマーク、URL直接入力、リダイレクトなど)
Social twitterやFacebookなどのソーシャルメディアからのアクセス
Referral 他のブログやサイトからのアクセス

スマホで見る場合横にスクロール出来ます。

以上、上記の用語の意味を最低限知っておくことで、正確にサイトの解析状況を知ることが出来ます。

補足:Google タグマネージャーの導入

補足でGoogleタグマネージャーについて説明します。これを導入することで、どのページのどのアフィリエイトリンクが何回クリックされたか。というようなことも知ることが出来ます。

開設初期に導入する必要性はありませんが、サイトが軌道に乗ってくれば導入したほうが良いです。導入難易度は少し高めです。

導入するにあたって参考となるサイトを紹介しますので、導入される際は参考にされてみてください。

» Googleタグマネージャーを使ってアフィリエイトリンクがクリックされたことを知る方法|ワニログ

Google Analyticsの解析結果を活用すべし

まとめ。アクセス解析を活用すべし

Google Analyticsの導入手順と、最低限知っておくべき用語を紹介しました。

Google Analyticsはデータを元に、自身のサイトの傾向や状況を極めて正確に知ることが出来るとても優秀なツールです。

正確なデータを得ることによって、改善すべき点や客観的な視点を持つことが出来、また結果もリアルタイムでデータとして目に見えるため楽しいですよ。

ブログを運営していく上で必須のGoogle Analytics。解析データを存分に活用すべしです。

続いてもう1つのサイト運営必須ツールである、Google Search Consoleの導入は以下の記事で解説しています。

Analyticsを導入済みであればSerch Consoleの導入は簡単です。

合わせて読む
サーチコンソール導入
【無料ツール】ブログ解析!サーチコンソールの役割と導入

Googleが無償で提供してくれているGoogle Search Coonsole (グーグルサーチコンソール) 今回はブログを運営していくうえで、Analyticsと共に無くてはならない必須のサービ ...

続きを見る

AnalyticsとSearch Coonsoleは2つを連携して利用することで最大の効果を生み出せます。初期に導入を完了させておきましょう。

-SEO

© 2020 Papataro Powered by AFFINGER5